年齢を感じさせてしまう理由

同じしわでもできる場所によって印象は違います。特に以下の場所にできるしわは、より老けた印象を与えてしまう恐れがあります。

目尻のしわ

目の周辺は皮膚が薄いので、乾燥や外部刺激を受けやすいところです。そのため目尻はしわのできやすい部分の一つで、また実年齢よりもより老けて見えてしまいます。

目尻のしわができる理由は主に乾燥と加齢です。他の部分よりも紫外線や外部刺激の影響を受けやすく、一番に乾燥し始める場所です。また加齢によりコラーゲンやエラスチンが減少するとしわが発生する原因になります。

目元は表情が出る部分なので笑ったり泣いたりすることでしわを作ります。この時肌が乾燥していなかったりコラーゲンやエラスチンが足りていると元に戻りますが、そうでないと小じわとなって肌が形状記憶してしまいます。

目尻のしわを解消するには、普段のスキンケアにプラス目元の特別ケアを行いましょう。専用のアイクリームやアイパックでも良いですが、化粧水をたっぷりつけてラップでセルフパックも結構効果的ですよ。

ほうれい線

頬のしわというのはほうれい線の事です。鼻の両脇下から口の横に下がっている線を、ほうれい線と言います。ほうれい線は目尻のしわと同様老けて見えますが、それ以上に老けた印象を与える深いしわです。

実際にイラストを描いた時、年齢を現わす分かりやすい方法としてほうれい線が描かれていますよね。

ほうれい線ができる原因は主に加齢ですが、その他にも乾燥やストレス、ビタミン不足などが挙げられます。最初からいきなりほうれい線ができるのではなく、コラーゲンやエラスチンの減少で頬がたるみだし、その後にほうれい線としてしわが刻まれます。

つまり頬のたるみの時点で早めの対策を行うことで、ほうれい線は防ぐことが出来ます。ほうれい線はスキンケア方法を変えるよりも、マッサージやツボ、ベロ体操が効果的です。

普段から意識して行うことでほうれい線のできにくい肌へ、また紫外線や乾燥などの外部刺激も気を付けるよう意識しましょう。

Copyright (C) 2014 顔のしわ攻略ガイド All Rights Reserved.