年齢を感じさせる原因「おでこのシワ」をケア

おでこのしわというのは、加齢の象徴ともいえる存在です。さらに一度できたらなかなか消えることがないと言われ、多くの女性を悩ませているしわの1つと言えます。

エイジングケアをする上で、おでこのしわを解消することは欠かせない条件となるでしょう。では、おでこのしわが出来る原因とそのケア方法をこちらでご紹介しましょう。

おでこのしわの原因は2タイプある

おでこのしわというのは、大きく分けて2タイプありますので、自分のタイプをこちらで確認していきましょう。

横しわ

おでこの真ん中から左右に線を引いたように出来るのが、横しわです。主な原因は、頭皮が加齢で下がってくることや、筋肉が老化して皮膚がたるんでくること、皮膚の水分が不足しているなどがあります。

縦しわ

おでこに縦の線ができるしわの原因は、眉間にしわを寄せることです。眉間にしわを付け続けると、皮膚が形状記憶してしまうのでしわが継続して出来上がってしまいます。

おでこのしわのケア方法

真皮層のケア

おでこのしわというのは、皮膚の真皮部分にガッツリとしわが刻まれている状態です。ですから、真皮の保湿や栄養補給が必要となります。

真皮の保湿
コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどの保湿成分が配合された化粧品を使用して、たっぷりと真皮まで潤いを与えるケアをしていきましょう。
紫外線ケア
真皮が乾燥してしわが出来てしまうのを予防する為に、紫外線対策をしっかりと行いましょう。コラーゲンが変異してしまい、しわが出来る原因となりますので、日ごろから日焼け止めは欠かさないようにしましょう。
ビタミンC誘導体がおすすめ
真皮層でコラーゲンの生成をサポートする為に活躍するのが、ビタミンC誘導体です。コラーゲンの生産量を増やしていき、自ら保湿成分を生み出す力を強化する事ができます。さらにビタミンCというのは、美白効果もありますので美肌も一緒に目指す事が出来ます。

頭皮のケア

頭皮と顔の皮膚は繋がっていますので、頭皮が凝り固まっていると、おでこの皮膚に負担がかかってくるようになり、しわの原因となってしまいます。

頭皮のケアは、簡単にできるものであれば両手の指を使って揉み解すようにマッサージをする方法があります。プロに任せるのもおすすめで、美容室などでヘッドスパを受けるのもいいでしょう。

まぶたのケア

まぶたというのは加齢などが原因となり、いつの間にか垂れ下がってしまうものです。垂れているまぶたは視界を狭めているので、視界を広げようと無意識にまぶたを持ち上げる動作を行ってしまいます。

その結果、おでこにはまぶたを持ち上げる時に出来たしわが刻まれてしまいます。簡単なまぶたのケアは、目を閉じたまま眼球を回転させてストレッチをするのが効果的です。他にも、こめかみを軽く押す事で目の疲れを解消する事が出来るので、まぶたのケアに繋がります。

前頭筋のトレーニング

おでこのしわは、まぶたを開く筋力が低下している事で引き起こされます。まぶたとおでこの筋力トレーニングをすることで、おでこのしわが出来にくい状態を作り出しましょう。

おでこを抑えながら、大きく目を見開いて10秒間キープしましょう。その次はゆっくりと目を閉じて10秒間キープします。このトレーニングを1日に10回~20回程度行うだけで、おでこのしわをケアしていく事が可能となります!

Copyright (C) 2014 顔のしわ攻略ガイド All Rights Reserved.