紫外線や喫煙、乾燥肌も関係が深い

年齢とともに増えてくるしわ。しわがあるだけで老けて見えてしまいます。そもそも何が原因で出来てしまうのでしょうか?

しわの原因となる4つのファクター

1、加齢
まず一番の原因は加齢によるものです。私たち人間の身体は歳をとるごとに老化していきます。肌のしわも老化現象の一つで、肌内のコラーゲン量が減少することでしわとなってしまいます。
肌の外側から表皮、基底層、真皮層と層が分かれており、基底膜にはⅣ型コラーゲンがあり真皮にはⅠ型コラーゲンがあります。2種類のコラーゲンが生産・分解されて肌内のコラーゲン量が保たれて、肌のハリや弾力を作りだします。
しかしコラーゲンを生産する機能は年齢とともに衰えていき、同様のスキンケアを続けていても同じような効果は見られなくなってしまいます。これが加齢によるしわの原因です。
2、紫外線
紫外線は肌の真皮層にあるエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸を破壊します。エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸は肌の弾力やハリを作るとても大切な美容成分です。これらが破壊されることで肌の弾力やハリが失われ、しわとなって出てきてしまいます。
まだ20代のうちは肌の回復能力が高いため、紫外線を浴びてもしわとなって現れることはそうありません。しかし30代を過ぎたあたりから20代の時に浴びた紫外線がじわじわとしわとなって出てくるのです。
紫外線対策は夏場の日焼防止だけでなく、しわ予防のために年中行わなければいけませんね。
3、乾燥
肌が乾燥するとカサカサしますよね。乾燥しているということは、肌の水分量が足りていないということ。初めは小さなちりめんじわですが、放っておくと深く大きなしわが刻まれてしまいます。
乾燥によるしわは肌の水分値を上げれば解消されることが多いので、特に乾燥肌の方は注意が必要です。
4、喫煙
喫煙は末梢神経の収縮を招き、血液循環を悪化させます。また老化の原因となる活性酸素を発生させるため、コラーゲンやヒアルロン酸を破壊します。体内のビタミンC量も大量に失うため、喫煙している人は肌の老化すなわちしわが多くできてしまいます。
Copyright (C) 2014 顔のしわ攻略ガイド All Rights Reserved.