肌質別のスキンケア方法

普段使用しているスキンケア商品ですが、どのようなタイプのものを使用していますか?ニキビ予防やニキビ跡、美白ケア、など様々な肌トラブルに合わせて選んでいる方も多いでしょう。

もちろん、しわの解消を促進できるようなスキンケア商品もたくさん販売されていますが、その中でもどのタイプを選ぶかが重要となってきます。

私たちの肌は大きく分けて普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌の4つに分類されます。その中でも乾燥肌と脂性肌の割合が最も多く、こちらの2タイプに絞ってスキンケア対策を紹介します。

肌質によって選ぶスキンケア商品のタイプは変わってくるので、自分の状態を理解した上で購入を検討しましょう。

乾燥肌

しわが一番できやすいのが、乾燥肌です。普通肌の方と比べて水分量と皮脂量が少なく、こまめに保湿しなければしわになりやすい肌です。

クレンジング
まずこのタイプの方のクレンジングですが、水性のジェルタイプかクリームタイプを使用しましょう。逆に油性のジェルタイプやオイルクレンジングは、必要な水分や油分も流してしまうのでオススメできません。
保湿
乾燥肌にはたっぷりの保湿が必要です。収れんタイプやさっぱりタイプは保湿力に欠けるので、なるべくヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたものを選びましょう。乳液やクリームも同様のことが言えます。
ファンデーション
パウダリータイプのファンデーションよりは、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションが乾燥を防ぎます。

脂性肌

このタイプの方はどちらかと言うと乾燥しにくいので、しわが出来にくいと言えます。しかし、皮脂分泌の多い脂性肌は潤っていると思い込み、水分量の低下を招きがちです。

クレンジング
脂性肌にはジェルタイプやクリームタイプはもちろん、オイルタイプのクレンジングも使えます。皮脂汚れが残らないようしっかりと落としましょう。
保湿
化粧水や乳液、クリームなど保湿アイテムはどれもさっぱりしたものを選びましょう。塗布してベタつくものはニキビの原因になりかねます。だからといって保湿をしないのは水分低下によりしわの原因になります。
ファンデーション
乾燥肌とは逆で、リキッドタイプやクリームタイプよりもパウダリータイプを使用しましょう。
Copyright (C) 2014 顔のしわ攻略ガイド All Rights Reserved.